FTA

FTA/RCEPを最大限に活用

300種を超える自由貿易協定を管理できますか?

世界各国が導入する特恵貿易協定の数は300種類を超え、関税の引き下げや安定した特恵貿易地域の創設など、既存の貿易障壁を下げる気運が高まっています。
FTAを活用すれば、こうした協定の利点を存分に享受できます。
そのためには、最新の原産地規則の管理と維持、各製品の分類番号と要件との適合状況をめぐる調査を行い、さらにサプライヤーから製品情報と原産地証明書を取得する必要があります。複数のFTAを利用する場合、このプロセスは更に複雑化し、手作業で行おうとすれば膨大な時間と作業を要します。

FTA管理ソリューションで課題解決

グローバル規模のFTA管理を自動化

トムソン・ロイターのONESOURCE FTA Managementソリューションを導入すれば、全てのプログラムを自動化し、FTA活用プログラムを自社内で構築、管理、拡大できます。ONESOURCE FTA Managementでは、サプライヤーへの証明書発効原産地規則の管理、部品表(BOM)の分析など大規模なリソースを要するステップを自動化し、FTA関連プロセスを業務効率を高める事により、協定要件への適合プロセスにかかる作業時間を大幅に短縮します。

ONESOURCE FTA Managementを使えば、利用可能なFTAをフルに活用することができます。300を超す貿易協定から成るFTAの活用は複雑な作業です。ONESOURCEのFTA管理ソフトは、FTA特有の原産地規則のもとで製品を判断するツールです。さらに物流プロセスを効率化し、手作業を減らし、FTAのガイドラインを遵守し、関税を削減または回避できます。

Thomson Reuters, a worldwide trusted provider of answers, helps professionals make confident decisions, run better businesses and gain competitive advantage in complex arenas – law, tax, compliance, government and media.

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート