経営幹部の逮捕で検察がSMBC日興証券を捜査  

 

ロイター 勝村麻利子

朝日新聞の報道によると検察当局は、相場操縦の告発で幹部4人が逮捕されたことを受け、SMBC日興証券を調査とのこと 

検察は、SMBC日興証券の経営陣が監督不行き届きで立件できるかどうか調査中です。三井住友フィナンシャルグループの証券部門で、専務執行役員を含む4人の幹部が逮捕されています。 同社の広報担当者は、この事案について直後はコメントを控えていましたが、同社社長のコメントについて言及し、逮捕を受け調査委員会を設置したと発表しました。

問題となっているのは、時間外取引で5社の株式を投資家に対して大量に売却する「ブロックオファー」です。 SMBC日興証券の近藤雄一郎社長は記者会見で、証券会社が年間取引収入の約5%を占めるブロックオファー取引を停止したことを明らかにしました。 


CSR (企業の社会的責任)とESG投資

トムソン・ロイターのComplaince Learningは、400種類以上のコンプライアンスコースから業界、企業に合ったコースを選択でき、コースのカスタマイズも可能です。CSR (企業の社会的責任)とESG投資のコースでは、企業の社会的責任(CSR)の概念と、その最も現代的な形態である環境・社会・ガバナンス(ESG)投資について紹介します。また、持続可能な投資戦略を策定する上で考慮すべき主要な事項を包括的に解説します。


ESG:金融機関における緊急課題

トムソン・ロイター・レギュラトリー・インテリジェンスが作成した本レポートでは、ESGの取り組みや投資をめぐる環境が変化し続けている中、金融機関が抱える課題が急速に顕在化していることに注目しました。このような規制上の課題に備えるために、金融機関が今できることをご紹介します。


Thomson Reuters, a worldwide trusted provider of answers, helps professionals make confident decisions, run better businesses and gain competitive advantage in complex arenas – law, tax, compliance, government and media.

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート