FTA

顧客事例:米欧間で高まる貿易緊張を 効果的に乗り越え APAC市場に進出

大胆なビジョン

米国のあるモーターサイクルメーカーは急成長を遂げるアジア太平洋地域(APAC)市場でいち早く事業展開したいと考えていました。しかし、最
大の懸案となっていたのが同社オートバイの価格感と入手性でした。同メーカーは、域内に製造施設を設立すれば、中国、韓国、さらにASEAN諸国にも進出しやすくなると判断しました。

米国産オートバイに対するEUの関税は、2019年に前年の6%から31%にまで引き上げられました。その結果、このモーターサイクルメーカーには年間9千~1億米ドル相当の追加関税の支払い義務が生じました。この大幅な取引コストの増加分が消費者に転嫁されていたとしたら、同社のEU事業収益は大きな危機に瀕していたかもしれません。

唯一無二の解決策とは

是非ケーススタディで節税方法をご覧ください。

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート