既成概念にとらわれない考え方

労働者によるコンプライアンスの遵守とは何でしょうか。投資に対する明確な収益を実現し、ビジネスリスクを緩和し、取引相手としての企業の魅力を強化できる重要な資産や、ブランド保護要因でしょうか。 それとも、関係者と従業員が一様に、TO DO LISTにチェックを入れる程度の取り組みと見なし、正当な価値を認めていない時間とお金の浪費でしょうか。残念ながら、大多数が後者です。

トムソン・ロイターが新たに委託した調査「既成概念にとらわれない考え方」にもそれが反映されており、4 人中 1 人の回答者が、労働者にトレーニングや教育を提供し、コンプライアンスを遵守させる主な目的は、現在の業界規制を満たすことと率直に回答しています。

最新の調査によると、組織はコンプライアンストレーニングの価値を見直し、労働者によるコンプライアンスの遵守を実現して、法規制やポリシーに準拠するメリットをビジネス上の強みに転換することが求められています。

コンプライアンストレーニングに対する認識を理解することを目的としてトムソン・ロイターは調査を実施し、「既成概念にとらわれない考え方」レポートを作成しました。10 か国から、さまざまな業界や規模の企業に勤める258 人を対象にアンケート調査を実施しています。

右のフォームよりダウンロードください

コンプライアンス違反の代償は罰金だけではありません。ブランド、評判、株価、そして最も重要なことはお客様にも影響を与えます。コンプライアンス違反は組織全体にダメージを与えるのです。

トムソン・ロイター パートナーシップ・アライアンス担当バイスプレジデント
アンドリュー・ユイレ

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート