ウェビナー:タックスヘイブン対策税制の実務対応

税制改正の影響を確認する

平成29年度の税制改正により外国子会社の税制が大幅に変更になりました。


特に外国子会社合算税制(タックスヘイブン税制)の大幅な見直しが行われ、平成30年4月1日以後の開始事業年度から改正後の税制が適用されています。


タックスヘイブン税制は日本での課税所得に大きな影響を及ぼす、実務上とても重要な税制ですが「手付かず」となっている企業も多く存在します。国税庁は平成30年8月に個別QAを公表し、適用要件を明確化し課税強化に本腰をいれています。


そこで今回は、税制改正によって大幅に見直された「タックスヘイブン税制となる判断ポイント」と「QAから読み取れる実務上のポイント」をどこよりもわかりやすく解説します。

オンディマンド配信

ウェビナー概要

  • ここが変わったタックスヘイブン
  • 実務上の対応と留意点
  • 実際の事例を検討
  • 申告書を作成する上での必要書類

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート