法務・コンプライアンス リスクサーベイ2022

持続可能な経営に向けた変革

近年、ESG/SDGsに係る取組みへのステークホルダーの関心や社会的な要請が一層高まっており、人工知能(AI )等の重要技術の保護、あるいは経済安全保障に関する規制強化など、企業を取り巻くリスク環境はますます複雑になっています。さらに、コロナ禍におけるライフスタイルの変化、業務内容の変化がリスク要因となっているケースもあり、このようなリスク環境の変化が激しく長期的な予測が困難な時代において、法務・コンプライアンス機能も環境変化に機動的に対応することが求められています。

法務・コンプライアンスリスクサーベイ2022」は、日本企業における法務・コンプライアンス機能の取組みや課題を明らかにし、その機能と業務の変革を促進し、主にデジタルトランスフォーメーション(DX)を中心とした組織・業務変革、ならびにサステナビリティに関する法務・コンプライアンス機能の変化という2つの視点から分析をしています。

本レポートは、国際社会で求められる取組み水準を考慮した設問で構成し、日本企業の課題を基に、法務・コンプライアンスの取組みに関する参考情報を多数掲載しています。

是非、「法務・コンプライアンスリスクサーベイ2022」をご一読いただき、今後の戦略的な取り組みの策定にご活用ください。

法務・コンプライアンスリスクサーベイ2022」のダウンロードはこちら


HighQ

法律業務の社内外コラボレーションから契約書管理までをワンストップで実現するクラウドサービス

HighQは、法務案件管理から契約管理、委託先法律事務所管理、プロジェクトコラボレーションを一つの法律業務ハブを使用し、社内業務の簡素化と合理化し、社外との連携強化を促進します。

HighQの詳しいご案内はこちら


リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート