規制に対応するための負担を軽減する5つのヒント

規制ガイドラインを最新のものにしておくことは、多くの場合、大変な負担を伴います。

ハリ・ガネーシュ・クマール(Hari Ganesh Kumar)は2020年に猛威を振るう規制動向にどのように適応していくかを意識して、先日開催されたトムソン・ロイターのバーチャルカンファレンス「Return to Better」に2人のスピーカーを招待しました。

  • ウィルソン・アン(Wilson Ang):ノートン・ローズ・フルブライトのアジア規制コンプライアンスおよび調査プラクティスの責任者
  • トニー・フルトン(Tony Fulton):RSMオーストラリアのパートナー

規制に対応するための負担を軽減させる5つのヒントをパネルで紹介しています。コンプライアンス担当、法務担当のどちらの任務を遂行されているかを問わず最新のコンプライアンス問題を網羅するため是非ご一読ください。

1. 組織の財政状態を確保する

トニー・フルトンは税務および金融サービス部門で25年以上の経験を持っていますが、COVID-19が組織に与える影響を予測することはできませんでした。

クライアントの中には、新型コロナのパンデミックのような事態が起こることを予見していた人はほとんどいませんでした。クライアントが何が起きているのかを把握したり、特にその事態に備えて準備をする機会がなかったことは確かです。

– トニー・フルトン、RSMオーストラリアのパートナー

しかし、フルトン氏は、組織への影響の大きさは通常、ビジネスの種類によって異なると指摘しています。継続性の中断を経験した多くの企業は、今では「サバイバルモード」に入っています。これらの組織にとっての焦点は必ずしも成長ではなく、むしろパンデミックを乗り切るためにリソースを維持し、財務的地位を確保する努力であると述べています。一方で、パンデミックの影響で「テクノロジーの採用が加速している」ことから、特にテクノロジー分野の組織は「それほどの影響は受けていない」としています。

多くのテクノロジー企業にとって、パンデミックは成長の追い風となっており、業界全体でデジタルソリューションの導入が格段に進んでいるため、市場投入目標の実現を加速させています。

– トニー・フルトン、RSMオーストラリアのパートナー

“安定したキャッシュフローがあり、自己資金での活動が可能な企業であれば、危機を乗り切る道筋が見えてきますし、うまくいけばその先で繁栄できる市場環境が整う可能性が高いです”

2. 権利を知る(ただし遵守していること)

フルトン氏が提供したもう一つのヒントは、組織を利用可能な譲歩や刺激策を越えて存在させることです。これにより、「新しい環境の中で生き残ることができ、成功することができる」ことを保証することができます。

さらにアン氏は、不正行為、汚職、不正行為など、サプライチェーンの混乱によって増幅される様々なリスクを指摘しました。

「現在の環境では様々なリスクが高まっています。契約を履行するために当事者は製品やサービスの入手先をシフトする必要があります。そうすることで、コンプライアンス違反となる行動を誘発することもあります」と述べました。

アン氏は、多くの組織が財務目標の達成と業績目標の達成に重点を置いているため、従業員は腐敗した取引を行ったり、組織がうまくいっているかのように見せるために不正行為にふける誘惑を受ける可能性があると付け加えました。

3. 規制当局と建設的に関与する

規制当局とクライアント間の相互作用はさまざまですが、規制当局間の共通点の1つは、急速に進化するテクノロジーの展望に対する受容性と理解への投資であるとアン氏は述べています。

「このような状況になったことで、(規制当局は)テクノロジーを使うことに少しは慣れてきたと思います。そのための調整が行われ、適応性のあるガイドラインが実施され、共有されてきました」と同氏は述べています。

しかし、規制当局の間でこの程度の緩和が行われているにもかかわらず、アン氏はこれをリスクを無視する口実にしてはならないと忠告しました。規制当局との建設的な関与は継続されるべきです。またリスクを軽減するための努力や取り組みも継続していくべきです。フルトン氏の視点では、景気刺激策の導入後、クライアントはコンプライアンスプログラムを常に最新の状態にしておきたいと考えるようになっています。

「クライアントは、この先も必要に応じて義務を遵守し続ける必要があることを認識しており、危機を乗り越えるためには、これ以上の問題を起こさずに良い状態で臨む必要があると考えています」とフルトン氏は述べています。

4. クラウド上にありますか? イノベーションを起こす機会を得ましょう

ほとんどの組織は、コンプライアンス業務をサポートするテクノロジーに依存しています。 しかし新型コロナウイルスの流行によりビジネスリーダーが投資水準を再評価しています。

「私たちがここで目にしているのは、長年にわたって実行されてきた強い傾向の継続であり、お客様はテクノロジーをさらに活用してプロセスを強化し、規制コンプライアンスを確保しようとしています」とフルトン氏は述べています。また、従業員のコラボレーションを可能にするワークフロー管理とソリューションも人気が急上昇すると考えています。

5. データを保護し、サイバーセキュリティを維持

アン氏は、最新の技術を活用することも重要ですが、データ漏洩リスクを認識することも不可欠であることを訴えました。

コンプライアンスは決して見失ってはいけないし、警戒心を失ってはいけません。サイバー攻撃、サイバー詐欺、詐欺、汚職は常に存在しており、実際、詐欺にあう機会は増加する可能性があります。

– ノートン・ローズ・フルブライトのアジア規制コンプライアンスおよび調査プラクティスの責任者であるウィルソン・アン

フルトン氏はパンデミックをチャンスとして利用することを提案しています。「これらの状況をニューノーマルではなく、異なる働き方に向けた加速であると見て、人々が安全な方法でリモートで作業し、オンラインで協働し続けることを可能にするシステムに投資する必要がある」と語りました。

市場予測

これらのテーマは、トムソン・ロイターの「2020年コスト・オブ・コンプライアンス・レポート」にも反映されています。レポートの調査結果によると、2020年に直面するコンプライアンス上の課題のトップ3は、規制変更への対応、予算、リソース配分、データ保護でした。アン氏は、多くの組織が不正行為を行う可能性があることを予見しており、規制当局はコンプライアンスの強化に積極的になることを促しています。

Thomson Reuters, a worldwide trusted provider of answers, helps professionals make confident decisions, run better businesses and gain competitive advantage in complex arenas – law, tax, compliance, government and media.

リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート