HS2022改正 分類プロセス変革のためのステップ

サプライチェーンネットワークの拡大や各国の規制強化にともない、国際貿易環境は年々複雑化しています。それに加え、社内の各部門や世界各地で商品分類が統一されていない手順で行われていると、製品分類の不整合や関税の過払い・不払い、コンプライアンス違反の原因になります。

2022年に業務改革が必要な理由

分類データの収集・保存・管理をより集約的な形で行うことは大変重要です。また貿易コンプライアンスを確保できる分類作業自体を、時間をかけずに管理できる方法を見いだすことも、課題になっています。ビジネスが急成長をする際に非効率的な業務を見直し、最新かつ正確な分類データを社内で共有が実現していれば、規制の変更に迅速に対応し、顧客の期待に応えることができます。

HSコード分類プロセスの変革を実現

適切なツールとプロセスを導入し、分類業務の変革を実現しましょう。変革のステップはこちらをご覧ください。


最新技術による正確な製品分類でサプライチェーンの停滞を防ぐ

ONESOURCE Global Classificationは、240の国・地域の規制に関する最新情報を備えており、製品分類の決定や維持に費やす時間を削減できるとともに、部門全体の一貫性や協働態勢の向上も可能になります。

更にSmart HS toolを利用すれば、高性能ツールによる6桁の自動分類コードによって、時間の短縮と正確性の向上も両立、実現できます。商品の詳細やデモのご希望など、お気軽にお問い合わせください。

Thomson Reuters, a worldwide trusted provider of answers, helps professionals make confident decisions, run better businesses and gain competitive advantage in complex arenas – law, tax, compliance, government and media.

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート