2022年にアジア太平洋地域のコンプライアンス担当者が注目すべき10大項目

アジア太平洋地域の金融規制当局は、あらゆる形態の不祥事を許容しない法執行主体のアプローチを取るようになってきており、毎週のように多額の罰金と罰則が発表されていることからも、コンプライアンスに対する環境は厳しさを増していることが分かります。

コンプライアンス担当にとって社内コンプライアンス管理、企業文化、経営説明責任の向上、および顧客にとって最も有益なサービスの提供に関しては、まだ改善の余地があると言えます。

本レポートでは2022年にコンプライアンスの専門家、企業、規制当局が直面するであろう主な課題10の分野について取り上げます。アジア地域特有の問題やコンプライアンス強化のための実践的なポイントが網羅されています。

是非、「2022年にアジア太平洋地域のコンプライアンス担当者が注目すべき10大項目」で、コンプライアンスの最新情報をご確認ください。


トムソン・ロイターのコンプライアンスeラーニングが選ばれる理由

トムソン・ロイターのCompliance Learningは、リモート・ワークでも受講しやすいeラーニングを採用しています。世界各国・地域の最新の法令や規制を反映しており、多言語で提供しているコースで国内だけでなく、海外子会社や関連会社への教育にもお役立ていただけます。

企業全体のコンプライアンスを推進し、従業員の意識を高め、コンプライアンスリスクの軽減につながるうえ、事務局の負担も軽減できるとお客様より感謝・信頼をいただいております。

是非、コンプライアンス・ラーニングの導入をご検討ください。


Thomson Reuters, a worldwide trusted provider of answers, helps professionals make confident decisions, run better businesses and gain competitive advantage in complex arenas – law, tax, compliance, government and media.

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート