多国籍詐欺:危機に便乗し活動範囲を拡大 

テクノロジーを利用した詐欺行為が世界中で爆発的に増加していることを受け、多国籍詐欺の拡大動向と犯行の変化に関するセミナーを開催しました。

不正行為のグローバル化

ナイジェリアの王子がウエスタンユニオンの口座に滞留している預金を取り戻すために、少額の手数料を負担する代わりに、何百万ドルもの謝礼を約束するといったメールを受け取ったことはありませんか。または王子は厄介な国際銀行規則を回避して金銭を送金するためにあなたの助けを必要としているといった内容のものかもしれません。 

この手の詐欺の歴史は長く、模倣犯も多数いますが、一攫千金を約束されても騙される人は少ないでしょう。一方で、国際詐欺集団が人々を騙すためのスキームを無数に所有していることも事実です。 

トムソン・ロイターは、政府系(政策系)インフルエンサー・シリーズの一環として、先日、「不正行為のグローバル化:多国籍犯罪があなたのメール受信ボックスに」と題したウェビナーを開催し、グローバル詐欺の進化について議論しました。同社の企業・政府向けマーケットインサイト・ソートリーダーシップ担当マネージャー、ジーナ・ユルバ氏をモデレーターに迎え、多国籍詐欺のような国際的な悪事(不正行為)に対する認識を高め、犯罪による被害を未然に防ぐためにはどうすればよいかを議論しました。 

世界的な詐欺事件の最新動向 

パネリストたちはまず、ここ数カ月の世界的な詐欺事件の動向を解説しました。パネリストのジェームス・ロブネット(国税庁刑事局次長)は、テクノロジーは進化し続けているものの、「犯罪者は欲に駆られ、被害者への共感を欠いている」とした上で、データ漏洩が個人情報の「肥沃な供給源」であり、犯罪者は虚偽の税務申告などの不正行為にそのデータを利用していると指摘しました。また、パンデミックの際には、パンデミック関連の給付金を受け取るために、偽のビジネスを偽装する犯行が急増しました。ロブネット氏によると、同局はパンデミック関連の詐欺行為から発生した約10億ドルに及ぶ500件以上の事件に着手しています。 

ロブネット氏はまた、犯罪の脅威に対応するため、さらにはその脅威に先手を打つために、同局は変化を遂げてきたと述べています。例えば、「データガバナンス」とその関連ツールを1つの部門にまとめることにより、現場の捜査官に適切かつ効果的な情報を提供できるようにしたと語りました。 

関税・貿易詐欺のからくり

パネリストのチャニング・マヴレリス(グローバル・ファイナンシャル・インテグリティのイリシットトレードディレクター)は、発展途上の分野として「関税・貿易詐欺」を取り上げ、米国だけでなくメキシコやコロンビアでも活動している「中国のプロのマネーロンダリングネットワーク」を紹介しました。貿易詐欺や税関詐欺により、犯罪者は資金洗浄のための「資本規制」を回避できるようなります。マヴレリス氏は、犯罪者が「3カ国シナリオ」を利用していることを説明しました。このシナリオでは、犯罪者(多くはメキシコの麻薬密売人)が、第三国(通常は中国)のパートナーを利用して、犯罪収益を米国から本国に送金することができます。このような仕組みで、犯罪者は一見すると合法的な輸出入取引で違法な収益を隠し、通貨規制を回避することができます。 

コロナウィルスに関する給付金詐欺

パネリストである米国シークレット・サービスのジャクソンビル支局担当特別捜査官補佐のロイ・D・ドットソンJr.氏は、2020年3月27日という具体的な日付を挙げました。この日は、「コロナウイルス支援・救済・経済安全保障(CARES)法」が署名され、「数十億ドル」のパンデミック支援が可能になった日だからです。その直後から、詐欺師たちは「何百万、何千万という不正な申請書を、州の労働力供給機関と中小企業庁の両方に提出した」のです。この結果を「速い金、速い犯罪」という格言で表現しました。人々に早くお金を届ける必要性と、膨大な数の不正申請により、本人確認に追いつかず、不正者を選別するシステムが破綻してしまったのです。 

マヴレリス氏は、中国をはじめとするアジア諸国が国際不正行為に手を染めていると指摘していますが、ドットソン氏は、サイバー犯罪による不正行為に積極的な西アフリカや東ヨーロッパの犯罪組織も取り上げています。 

ジャマイカの宝くじ詐欺 

次にパネリストたちは、昔ながらの詐欺犯罪と、高度なテクノロジーである暗号通貨の両方を利用した具体的な詐欺の実態について議論しました。 

マヴレリス氏はまず、ラテンアメリカやカリブ海諸国を拠点とした詐欺の事例を紹介しました。例えば、ジャマイカでは、宝くじや祝福の輪(Sou-SouやSusuとも呼ばれる)を使った詐欺が “国内の家内工業 “になっているといいます。これらの詐欺は昔ながらの方法で、高齢者をターゲットにしたものが多く、洗練された犯罪ではありませんが、それでも毎年3億ドルから10億ドルもの利益をもたらしています。これらの不正行為には犯罪組織と高額な利益が伴うため、暴力につながることもあります。 

毎年、200人ものジャマイカ人が宝くじ詐欺に関連して殺されています。コールリストが盗まれたり、リストが売られた後にその支払いが拒否されたりすると、暴力に発展します。マヴレリス氏は、ジャマイカの国家安全保障省が詐欺や悪徳商法を「最悪な脅威のひとつ」に位置付けており、これらの不正行為を「明らかに危険である」と考えていることを指摘しました。 

政府はこれらの詐欺行為を深刻に受け止めていますが、詐欺対策として宝くじ事業を閉鎖すると、宝くじから多額の配当を得るチャンスを奪われ「騙された」と感じた詐欺被害者たちから政府に対する不満が噴出すると指摘しています。 

ビットコインATM

ドットソン氏は、ビットコインATM(BTMと呼ばれることが多い)が、出会い系アプリや高齢者向けサイトを荒らす犯罪者に利用されているという現象を解説しました。これは、無防備な個人を社会的に誘導し、多国籍組織犯罪グループの「運び屋」に仕立て上げるためのものです。 

このようなアプリやサイトを利用して、「サイバー・ボーイフレンド、ガールフレンド、大切な人」と恋愛関係にあると信じ込ませ、BTMによる金銭のやりとりに協力させるのです。ある例では、高齢の女性が4万ドルから5万ドルの現金を持って店に現れ、店のBTMに投入していました。店のオーナーの中には、取引の頻度や金額が店にネガティブな注目を集めるのではないかと心配して、個人にBTMの使用をやめるように言わなければならない場合もあります。 

トムソン・ロイターのユルバ氏は、現在アメリカには42,000以上のBTMが存在し、その数は日々増加していると指摘しています。BTMに関する規制が少ないため、すべての取引を監視することは、不可能ではないにしても難しいと、話します。 

エルサルバドルが最近、ビットコインを公式通貨として認めたことも課題の一つです。これは、犯罪の機会を生み出すかもしれませんが、人口の70%が銀行口座を持たず、銀行や他の送金サービスの取引手数料が非常に高いこの国における現実的な問題を解決するものでもあります。また、ビットコインの取引を促進するために、エルサルバドルは公式の暗号ウォレット「Chivo」を採用し、米国内に30台のChivo対応BTMを配置しています。 

世界的な詐欺の未来 

犯罪者や詐欺師の創造性や貪欲さは増すばかりなので、多国籍犯罪企業による個人の搾取や不正な収益の洗浄を阻止するためには、国際的な協力が必要であると強調しました。子供や高齢者などの弱者を狙った詐欺であれ、パンデミック関連の給付金制度のようにシステムの脆弱性を利用したものであれ、取締り機関の協力と一般市民の意識の向上があってこそ、犯罪者を阻止することができるのです。 



Thomson Reuters, a worldwide trusted provider of answers, helps professionals make confident decisions, run better businesses and gain competitive advantage in complex arenas – law, tax, compliance, government and media.

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート