地政学・経済安全保障リスクサーベイ2024

米中間の緊張関係やウクライナ情勢などの不安定な国際環境下で、地政学・経済安全保障リスクへの対応は重要な経営課題となっています。人工知能(AI)など先端技術の開発競争に伴う半導体技術の輸出規制への対応や、事業継続計画(BCP)の見直し、情報セキュリティなど企業が取り組むべき課題はさまざまです。さらに、EV用蓄電池を含むクリーンエネルギー技術に不可欠な重要鉱物のサプライチェーン確保など、これまで持続可能性(サステナビリティ)の観点で語られてきた問題が経済安全保障上でも重要性を増しています。

このようなリスク環境下での日本企業の対応の取り組みや課題を明らかにし、今後の海外事業戦略やサプライチェーン戦略、組織・業務設計の検討に資する情報を提供するために、トムソン・ロイター株式会社はKPMGコンサルティング株式会社と共同で調査を実施しました。

意思決定に必要なリスク情報を適時適切に収集・分析し、経営・事業判断に反映する仕組みや、中期経営計画の策定をはじめ、自社で実現すべきインテリジェンス機能を定義し、組織体制やオペレーションに落とし込んでいく必要があります。本調査が、経営層や事業部門のニーズを踏まえた、各分野の課題に取り組むために少しでもお役に立ちましたら幸いです。


6/26、無料ウェビナー開催決定!

本レポートの調査結果を踏まえて、企業の地政学・経済安全保障リスク対応の現状を踏まえながら、海外事業展開、サプライチェーンリスク管理のポイントについて解説するウェビナー(無料)を実施します。

ウェビナーのお申込み・詳細は以下バナー、またはこちらをクリックしてください。


ONESOURCE Denied Party Screening

包括的な懸念対象スクリーニングソフト

サプライチェーンにおける強制労働など、人権デューデリジェンスにおける重要な第一歩取引禁止対象や制裁対象を手作業で特定したり、古い検索エンジンを使うことは、煩雑なだけでなくリスクを伴います。ONESOURCE Denied Party Screeningは経済制裁やその他貿易制裁に抵触することを避け、自国および世界のビジネスパートナーとの取引きを安心して行えます。

既存システムと統合可能です。世界で750を越すリストを参照し、貴社のカスタマーとサプライヤーをシームレスかつ自動的にスクリーニングして、取引禁止対象者、禁輸対象国、取引禁止対象の所有企業を特定します。世界240ヶ国で60以上の言語をカバーしています。一歩進んだデューデリジェンスのため、ダウ・ジョーンズリスク&コンプライアンスから提供される制裁所有権調査データも提供しています。サプライチェーンリスク管理にお役立てください。

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート

購読する