リモートワークをより良くするためのテクニックを学ぶ

2020年は、私たちの働き方に多くの変化をもたらしました。企業は業務形態の対応に追われ、フルタイムでリモートワークを行うことは、従業員にとっても会社にとっても大きな挑戦となっています。コロナウイルスの流行がどの段階にあるかに関わらず、オフィスワークはより柔軟性の高いリモートワークに移行していくことになるでしょう。

慣れ親しんだ職場環境の外において、コンプライアンスに関して、より気が緩んだ状態になるのは避けられません。例えば、見慣れないハイパーリンクを職場より容易に開いてしまったり、家にいるからといってコンピュータのロックを忘れたりすることもあるでしょう。さらにクライアントや同僚の行動で重要なコンプライアンス違反に気づくことが困難になるため、内部告発がはるかに困難になっています。

このようなリモートワーク環境においては、従業員がコンプライアンス要件にこれまで以上に関心を寄せ、連携する必要があるといえるでしょう。それでは、既存のコンプライアンスeラーニングソリューションをどのように適応させれば、リモートでコンプライアンスを維持し、確実に成果を上げることができるのでしょうか?

慣れ親しんだ職慣れ親しんだ職場環境の外において、コンプライアンスに関して、より気が緩んだ状態になるのは避けられません。

1.関連性を維持する

コンプライアンスeラーニングコースはコロナ前のようなオフィス環境でのシナリオ、事例、または画像を使用していませんか?受講者にとって現在の状況との関連性が薄く感じられ、時代そぐわないと見なされてしまいかねません。画像を変更することは、コンプライアンスeラーニングをより関連性の高いものにする1つの方法です。例えば、電話会議に参加する従業員や、フェイスマスクをつけた銀行員などです。

リモートワークでの個人のコンプライアンス違反に関連するケーススタディはありますか?あるいは、ホームセキュリティの欠如が原因でサイバー犯罪が増加しているというデータはありますか?

リモートワーク中にコンプライアンスに関する重要なメッセージを確実に社員に伝え、社員の心に響くようにするための効果的な方法であり、コンプライアンス違反はオフィス内だけで起こるものではないことを想起させます。

コンプライアンスeラーニングを使用すると、受講者がコンプライアンス情報を学ぶだけでなく、フォローアップのクイズなどを通じて知識を応用できます。家での業務における判断がどのように職場と異なるのか、そして個人と企業が直面する課題について、いくつかの分岐シナリオを開発してみてはいかがでしょうか。

2.会話の流れを維持する

ソーシャルラーニングは強力な学習戦略ですが、リモートワーク環境では難しいでしょう。組織の文化や価値観を強化するためには、バーチャルで会話を続け、従業員の仲間意識を想起させ、マネーロンダリングやサイバー攻撃などから組織を守るための役割を全員が担っているということを認識させる必要があります。

技術の進歩により、リモートソーシャルラーニングがより身近なものになりました。御社のビジネスで既に利用可能なものはないか調べてみましょう。従業員にコンプライアンス関連の質問をしてもらい、その回答に相乗効果を生み出すことはできますか?

コンプライアンスeラーニングで社内のサクセスストーリーを共有すると重要なメッセージを強化するのに最適な方法です。例えば、2020年に従業員のデューデリジェンスのおかげで、どれだけのデータ侵害が阻止されたでしょうか?前回の業務監査において文書化された顕著な成果や改善点で共有すべきものはありましたか?自分の努力が他の人をサポートしたり、影響を与えたりしていることがわかれば、私たちは努力へのモチベーションが上がります。

ゲーミフィケーションのテクニックは、オンライン学習に内発的なモチベーションを導入する効果的な方法です。

3.従業員の自主性を引き出す

リモートワークでは、自律性を感じるため、従業員の本能的なモチベーションを引き出すことが重要です。たとえばLinkedInのページの上部にあるプロフィール完了バーを利用できます。タスクを完了させ、自己評価を記録し、他の人からの評価を得られます。ゲーミフィケーションのテクニックは、オンライン学習ソリューションに本能的なモチベーションを導入するための効果的な方法です。

手始めに、社内のシステムですでに提供しているものを探してみましょう。LMSはすでにゲーミフィケーション機能を持っていますか?LMSの中には、コースを修了したり、フォーラムにコメントしたり、その他何か行うためのバッジやポイントシステムを作成する機能を持っているものもあります。

終わりに

コロナ禍においてオンライン学習ソリューションを従業員にとってより魅力的なものにする方法はたくさんあります。これらは迅速かつ簡単に導入でき、本当に効果的であることがわかりました。オフィスでもリモートでもコンプライアンスの文化を維持する上で、あなたのビジネスをサポートしてくれるでしょう。

Comments are closed, but <a href="https://insight.thomsonreuters.co.jp/business/posts/learning-techniques-for-better-remote-working/trackback" title="Trackback URL for this post" class="alert-link">trackbacks</a> and pingbacks are open.

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート