社内弁護士へのキャリアチェンジ

請求可能な時間、タイムシート、仕事と生活のバランスは、弁護士が社内弁護士にキャリアチェンジする理由の一部です。社内弁護士へのキャリアチェンジには、自己認識のレベルだけでなく、適切なスキルとリソースが必要です。 社内移籍の場合に必要なアイテムをいくつかご紹介します。

 

スペシャリストのスキルセット

企業は、それぞれの専門分野に基づいて、社内の法律専門家を求めています。資金調達や目論見書作成の経験があれば、上場企業に最適です。同様に、コンプライアンスや訴訟に強い背景があれば、そのスキルは債権回収や契約執行チームに向いているかもしれません。

一方、取引弁護士は、多国籍不動産デベロッパー、金融サービス会社、株式仲買会社で働くニッチを見つけることができるかもしれません。自分のスキルセットと価値提案を理解することは、社内法務の役割を適切に果たすための第一歩です。

フォームと判例の最新のリポジトリ

適切なスキルセットを持っていることはもちろんですが、可能な限り最も効率的かつ法的に効果的な方法で迅速にタスクを実行できるかどうかは、全く別の問題です。関連する手順、規制や規則、判例やフォームの最新のツールキットは、時間と予算内で最高の仕事を提供するために不可欠です。

多くの社内法律専門家は、業務が最新かつ正確であることを保証するために、リーガルテンプレート、判例、チェックリストなどの最新のリーガルテクノロジーソリューションを使用して、経験(過去に何が役立ったか)の両方を使用して、この武器庫を構築しています。

最新の書式や判例のリポジトリを持つことは、優れたビジネスに不可欠です。標準的な書式は契約条件と必要なコンプライアンス基準について高度な確実性と透明性を提供します。すべての契約当事者に平等に適用されれば、この書式は契約交渉プロセスを迅速化することができ、当事者は公平な競争の場を持つことが期待できます。

Tristan Ng, Senior Legal Counsel at an Australian oil and gas company

シームレスな請求とプラクティスの手順

単独の社内弁護士として働く場合でも、大規模なチームの一員として働く場合でも、時間を管理し、完了した仕事、進行中の仕事、未完了の仕事を報告するツールが必要になります。

多くの企業が法的な追跡と報告のための独自のプロセスを持っていますが、最新のソフトウェアは、企業の全体的な戦略的方向性に貢献しながら、企業内の専門家がシームレスに義務を果たすための方法を提供することが必要となります。リーガルトラッカーソフトウェアを使用すると、企業の顧問弁護士は、予算の設定と報告、請求書の受信と処理、支出の追跡、進行中の作業の記録、現在の問題のステータスを確認し、問題別、部門別、および全体としての進捗状況を確認することができます。

直感

経験は時間が経てばついてくるものですが、知識は今すぐにでも積極的に身につけることができます。顧問弁護士への転職を検討している方は、専門的なスキルをどのように強化していくかを確認してみてはいかがでしょうか。

次の項目が含まれます。

  • 業界認定などの専門家のメンバーシップ
  • 関連するオンラインおよび印刷の業界出版物の定期購読
  • 対面イベント、セミナー、展示会を通じて業界ネットワークを構築
  • あなたの強みだけでなく、「弱い」分野であなたの知識を高めるため継続的な法律の教育を使用
  • ソーシャルメディアを含むニュースやメディアを通じて時事問題を最新の状態に保つ

メンタリティの全体像

社内で作業することの利点の1つは、組織の全体的な戦略的方向性に貢献できることです。ナインエンタテインメント社の法務顧問兼会社秘書であるレイチェルロンダース氏は、次のように述べています。

取引がうまくいったかどうか結果がわかり、「私はそれを実現するのを助けた」とやりがいを得ることができます。適切な準備、自己評価、およびリソースがあれば、社内弁護士へのキャリアチェンジでき、目的を持って、やりがいのあるものにすることができます。

Belinda Gadd is a communications strategist and writer with a legal background in business, property and financial services. Having worked as a corporate and litigation lawyer for almost a decade, Belinda understands the issues affecting private law firms, SMEs and large corporations.

Visit her website www.commercialmedia.com.au to find out more.

Leave a Reply

リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート