法的リスクポートフォリオの管理:潜在能力を上向かせるための2段階のプロセス

法的市場の誰もが、新たな不確実性、予想される市場の落ち込み、コロナ禍による悪影響が業界に大きな変化を引き起こす方法についての説明で頭が一杯のようです。

可能性は高いですが、すべての不確実性に対処する必要があるわけではありません。

不確実性は通常、新しいリスクにつながりますが、リスクには2側面あります。 リスクの明らかなマイナスの影響がある側面です。たとえば、差し迫った経済不況は急加速しています。しかし、上向きのリスクについてはあまり議論されていません。この不確実な時期に、法律事務所は新しい市場で重要なアクターに慣れる可能性があるかもしれません。

ステップ1: ギャンブラーはギャンブルをしない

法律事務所はデータに基づいて才能や技術などのリソースへの投資を決めています。リソース管理は直感や運だけに頼っていられません。データが重要なのです。いえ、適切なデータが重要なのです。そしてデータには以下の要因が含まれていなければなりません。

市場要因

市場要因は、すべての法律事務所とクライアントに影響を与える普遍的な条件です。世界がリモートワーク環境に移行していることは一例といえるでしょう。法律事務所にとってリスクは、新しい市場要因にどれだけうまく対応できるかにあります。

現在トムソン・ロイターの一部であるAcritasは現在、法務の意思決定者の考え方の変化をモニタリングするため、顧問弁護士と継続的なインタビューを実施しています。 その調査で多くの顧問弁護士は、すべての法律事務所がテレワークに対応できている、または適切に対応しているわけではないと考えていることがわかりました。その他どのような市場要因があるのでしょうか。

  • ワークスペースの再開
  • 潜在的な世界的な景気後退に関する懸念
  • 既存のビジネス プロセスに対するデジタル化増加の影響

興味深いことに、市場要因は誰にでも影響を与えますが、通常、クライアントが日常的に管理しているものの大部分は市場要因ではありません。ほとんどの企業法務部門は、業界特有の要因やビジネス特有の要因に力を注いでいます。

業界固有の要因

今回の調査で得られた100件以上の回答は、すべての業界が同じ方法で影響を受けているわけではないことがわかりました。支出の傾向は一貫性がなく、トップのニーズは多様です。包括的なリストとは異なりますが、以下に企業の法律部門から聞こえてきたものをまとめました。

法律事務所のリスクはいかに会社のリソース投資を適切に分散させることができるかということです。リソースとビジネス開発の取り組みを軸として、問題と支出の増加が予想される企業に焦点を当てます。 他の業界のクライアントと協力して、競争の激化を防ぎながら、コストの合理化と削減に取り組みます。 重要なのは、クライアントがどこに向かっているかに基づいて地図を作成し、その行動の方向性を把握できるようにすることです。

クライアント固有のビジネス要因

業界内のトレンドであっても、企業固有の要因に影響されることもあります。実際、企業が大局的な問題に対処するのではなく、自社にとって何がベストなのかという細かい部分の整理を行う場合、社外弁護士に求められるものも変わってきます。

企業にとって重要なのはソートリーダーシップから真のアドバイスへと話をシフトさせるタイミングを知ることです。このシフトを適切なタイミングで行えるかどうかが、クライアントの注目を集められるかどうかの決定的な要因となります。個々のクライアントに最も響く情報は、以下のような要因に影響を受けます。

  • コロナ危機に至るまでの内部投資に基づく組織の流動性と資金調達
  • 危機管理計画はあるのか、それともまだ初期の緊急対応段階に入った状態か
  • 会社の施設やオフィスの場所

この要因が不明な場合は、トップクライアントとのミーティングを設定して、状況を把握しましょう。ミーティングからクライアントが最も助けを必要としている箇所や、彼らの財務状況がどのようになっているのかを知ることができるでしょう。

もしこの要因が明確である場合は、市場全体を対象としたウェビナーやニュースレターを一時停止し、代わりに、クライアントに特化したバーチャルラウンドテーブルを開催して、クライアントがビジネス上の問題に取り組み始めるのを実際に支援するようにしましょう。

企業固有のリスク

最後に、企業固有のリスクがあります。クライアント固有のリスクと同様に、資金調達や報酬構造、危機への備え、競合他社の動き、会社のリスク耐性など、どのような対応がビジネスを上向かせるかを決める大きな役割を果たす要因が多く存在します。

ここで企業にとっての最大のリスクは、データではなく直感を信じることです。データからわかることを無視したいという衝動に負けないようにしましょう。新しいビジネスチャンスを追いかけるにしても、同業他社や業界のリーダーと比較して、自社のパフォーマンスをきちんとベンチマークしておくことが重要です。

ステップ2: 正しい馬を支持する

会社が取るべき行動を決める前に、会社の目標を明確にすることが重要です。そして、不確実性の高い時期の目標は固めるのが難しいものです。パートナーシップは、より保守的で、不安定な時代を生き抜くために会社の維持と安定した経営に注力していますか?それとも、市場シェアを拡大するために、成長と会社の収益を高めることに意欲を燃やしているのでしょうか?

単純にこの質問に答えることができませんが、企業は、自社の文化や包括的な目標に沿った戦略に傾倒することで、十分に利益を得ることができます。例えば、企業の長期的な安定経営を確保するためにまず、顧客の維持を追求することです。 成功している企業は、競合他社に主要なクライアントを取られないように、クライアントのフィードバックを尊重し、クライアントチームを使用して、最も戦略的に重要なクライアントを中心に活動しています。

多くの企業は、戦略的イニシアチブに投資する時間と資金が限られているため、早期に目標を理解することで、期待するリターンと新しいアプローチを採用するリスクとのバランスを取れるようになるでしょう。

正確なデータを取得すると、会社が直面しているリスク (マイナス面と上向きの両方) を識別しやすくなります。 これにより成功した行動計画を策定する方法の基礎を築けます。

この記事の著者は、Acritas US Inc.の副社長ジェン・デッソです。 ジェンの記事は法務エグゼクティブ・インスティテュート、トムソン・ロイターのソートリーダーシップフォーラムで出版されました。

The Thomson Reuters Institute brings together people from across the legal, corporate, tax & accounting, and government communities to ignite conversation and debate, make sense of the latest events and trends, and provide essential guidance on the opportunities and challenges facing their world today.

Leave a Reply

リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート