国際貿易管理ガイド:サプライチェーンに関する共通課題を解決する

国際貿易管理ガイド

パンデミックと貿易戦争により不確実性と変動性は国際貿易を考えるキーワードとなりました。またサプライチェーンの混乱は未だ進行中で、ニューノーマルとなりつつあります。

このような状況の変化に伴い、2021年国際貿易をどのように管理すべきかという課題も必然的に変わっていきます。サプライチェーンが混乱するたびに、業績に影響を与えるため、ビジネスリーダーはいかに状況を安定させることができるかを問われています。

経営幹部に対しては、国際貿易管理に対して全体的なアプローチをとるよう、また、サプライチェーンと輸出入責任者に対しては、より戦略的なアプローチをとるべきという圧力が高まっています。

地域包括的経済連携(RCEP)のような新しい貿易体制の影響により、今後数年間で、サプライチェーンは飛躍的に拡大すると予想されていることを鑑みても、このような戦略はアジア太平洋地域の企業にとって、大変緊急性の高いものと言えるでしょう。

国際貿易管理(GTM)は、現在急成長中のグローバル企業にとって大変重要になってきており、暫定的なマニュアルアプローチでは、とても対応できる状況ではないと言えるでしょう。

本ガイドは、国際貿易管理ソフトウェアによって企業がどのように分析的洞察を得ることができるのか、また自由貿易協定による節税を可能にすることができるのかを紹介します。是非ダウンロードください。

Thomson Reuters, a worldwide trusted provider of answers, helps professionals make confident decisions, run better businesses and gain competitive advantage in complex arenas – law, tax, compliance, government and media.

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート