コスト・オブ・コンプライアンス2021 将来のビジョンを描く

~2021年の課題と変革に向けた指標~

概要

トムソン・ロイターは、今年で12回目となるコンプライアンスのコストに関する調査を実施しました。今年は特に金融関連企業のコンプライアンス部門が今後直面するであろう課題に焦点を当て、コンプライアンス担当者が置かれた現状を独自の見解を交えて解説するレポートになっています。

コロナ禍は金融関連企業とコンプライアンス担当にとって試練だけではなく、変化するチャンスも与えています。今こそこの好機を活用すべきでしょう。特にデジタルへの移行は会社の戦略に沿ったアプローチを基に行わなければならない喫緊の課題です。

まずは本レポートを入手し、現状把握から始めましょう。

トピック

  • 2021年の課題
  • 予算とスキル人材
  • 企業文化・コンダクトリスク
  • 個人の責任
  • 規制の動向
  • 規制当局との連携
  • 業務委託
  • テクノロジーとサイバーレジリエンス
  • 将来のビジョンを描く

Thomson Reuters, a worldwide trusted provider of answers, helps professionals make confident decisions, run better businesses and gain competitive advantage in complex arenas – law, tax, compliance, government and media.

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート