これからのコンプライアンス教育のあり方

コロナ禍の状況下、企業のコンプライアンス教育に求められることは何でしょうか。
本講演会では、株式会社ハリーアンドカンパニーより中村葉志生先生をお招きし、いま一度基本的な視点からコンプライアンス教育の重要性を整理します。


「高い倫理観」という言葉の中身を曖昧にしない大切さや、「適切な行動を特別な意識をせずに、特別な知識も習得せずに出来る組織」を作り上げる、つまり、コンプライアンスの体質化(≒コンプライアンス文化)を目指す教育のあり方を考えます。

プログラム

1.コンプライアンス活動と教育研修の関係
2.目指すべき教育研修像とコンプライアンス文化の構築
3.教育研修にeラーニングを取り入れることのメリット
4.コンプライアンス担当者に求められること
5.コンプライアンス担当者へのメッセージ
6.ソリューション紹介
7.質疑応答

Thomson Reuters, a worldwide trusted provider of answers, helps professionals make confident decisions, run better businesses and gain competitive advantage in complex arenas – law, tax, compliance, government and media.

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート