レポート:コスト・オブ・コンプライアンス2020

トムソン・ロイターのRegulatory Intelligenceが作成するコスト・オブ・コンプライアンス・レポートは11年間にわたり、世界の金融サービス会社のリスクおよびコンプライアンス担当者が直面する課題について比類のない洞察を提供してきました。

今年は、リスクとコンプライアンスの予算の厳格化、規制や文化の変化、個人責任の比重増加の可能性など、金融危機後からの循環的な変化が見られました。 COVID-19が長期的にどのように影響するかを語るのは時期尚早です。しかしすでに規制当局は規則の改訂を急いで発効しており、企業が様々な管理業務に集中できるようにレギュラトリーイニシアティブの延期を求めています。

レポートの主要トピック

  • 取締役とコンプライアンス機能に関する来年の課題
  • 文化とリスク懸念
  • 予算
  • 個人的責任
  • テクノロジーとアウトソーシング

ダウンロード

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート