税務コンプライアンスが専用ソフトウェアを必要とする理由

インドでの税務コンプライアンスは複雑なビジネスであり、組織内の複数の部門が協力して未解決の問題を解決することもあります。

しかし、大企業の各部門がデータを保有していたり、円滑な意思決定を可能にするために効率的・効果的に共有するために必要なリソースを持っていなかったりすることが多いため、必ずしも単純で首尾一貫した作業とはなりえません。

このような理由から、個人が大企業のデータ照合の主なソースとしてExcelを使用していると、コミュニケーションが途絶えたり、重要なデータに関する誤った情報が税務署に伝わり、企業の真の財務状況を誤解させてしまう可能性があります。

このような問題に対処する際には、規模の大きさが重要な問題となります。企業の規模が大きくなればなるほど、税務部門だけでなく、会計事務全体で管理しなければならないデータ量が問題になります。

one of the leading MNCs tax director

税務担当役員は「成長を経験した企業がより洗練されたERPシステムに投資する傾向があるのと同様に、十分に計画され、実装された税務報告システムの必要性が高まっています」と述べました。効率的な税務機能が対処しようとする主な問題は、コスト削減の圧力、グローバリゼーション、企業の急速な変化、そして世界中のソフトウェアの開発速度がますます高まっています。

エクセルに依存した場合の最大の問題点は、適切に文書化されたプロセスができないことと、複雑な税務機能のために設計されていないことです。さらに、手作業での入力作業のため、非常に煩雑になることもあります。大変有用なツールであるにもかかわらず、企業グループ内の税務機能の特定のニーズに合わせて設計されたものではありません。

例えば、冗長会計や新規会計は、エクセルベースのシステムでは担当者が手動で管理する必要がありますが、特別に設計されたシステムでは、新規会計が行われなかった場合に発生するエラーを回避するための検証プロセスが組み込まれています。

税務報告に関する部門間の連携に関しては、どのようにして必要なデータをタイムリーかつ効率的に入手するかが問題となります。
“税務チームは一般的に財務データを管理していないため、Excelスプレッドシートに操作できるレポートを抽出して税務番号を決定できるようにするために、会計機能に大きく依存しています。各グループのスタッフは(通常は)競合する優先順位を持っている可能性があり、そのため税務部門へのデータフローは非効率的なものになる可能性があります。会計システムにマッピングされ、システムから直接データを引き出す統合システムを持つことで、データの二重処理を軽減することができます」と税務部長は述べています。

また、データ量の問題もあります。大企業になればなるほど、様々な部門で発生している取引が多くなるため、会計ソフトのシステムが統一されていないと、すべてを把握することが難しくなります。社内ネットワークを利用してリアルタイムデータにアクセスしやすくなればなるほど、税務コンプライアンスを最新の状態に保つためのプロセスが迅速になります。

大量のデータを管理できる信頼性の高い効率的なシステムにより、事業体はデータリスクを分析して取締役会に報告し、データ分析を使用してGST口座の異常などの税務リスクの領域を強調することができます。

さらに、特別に設計されたソフトウェアソリューションは、一般的に柔軟な報告ラインを可能にするように設計されています。つまり、企業グループのメンバーは、セクター別など、非常に異なる会計と管理会計の報告ラインを持っているかもしれませんが、税務当局は一般的にはグループ全体を見るだけです。

ほとんどのシステムは、このような柔軟な報告を可能にするために、事業体のファミリーをグループ化することを可能にしています。
税務コンプライアンスは将来的に増加し続けるのみです。連邦政府は、企業が義務的な税金の支払いを避けることができないように、任意の抜け穴を閉じたいと考えていることに疑いの余地はありません。

税務コンプライアンスは常に複雑化しており、政府の監視も厳しくなっています。そのため、企業はより洗練されたアプローチで税務業務を管理することが不可欠となっています。

レポートダウンロード

Leave a Reply

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート