調査結果から読み解く法務部門の対応優先事項と、テクノロジーによる業務効率化例

「リーガルテック・リーガルリサーチのグローバル・スタンダード最新動向2021」開催レポート

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化するなか、テレワーク環境の構築は企業の法務・コンプライアンス部門においても急務となっています。時間と場所にとらわれない働き方を実現するには、リーガルテックの導入による生産性向上や効率的なリーガルリサーチの実現に向けたデジタル環境の整備が欠かせません。

2021年4月22日に開催されたオンラインセミナー「リーガルテック・リーガルリサーチのグローバル・スタンダード最新動向2021」では、当該分野で知見を持つトムソン・ロイター株式会社 法律 x テクノロジー部門の3名が、最新の調査結果を交えた各社の法務部門における対応優先事項や、リーガルテック分野の動向、世界で先行しているリーガルオペレーションの一元管理法などについて紹介しました。

リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート