法律事務所の新型コロナウイルス対応:現在の行動と将来の課題

ここ数週間、法曹界はほかの業界と同様に新型コロナウイルスへの対応に苦慮してきました。ほとんどの法律事務所は政府の要請や規制によりテレワークに移行しました。

今までのところ法律事務所の対応は合理的です。

  • 米国の各法律事務所はエクイティ・パートナーの引き抜きの停止、弁護士やスタッフの報酬の一時的な減額、リモートでの業務が不可能なスタッフの一時解雇、経費削減、様々なプロジェクトや取り組みの保留など、キャッシュフローを守るための動きを迅速に行っています。
  • ほとんどの法律事務所はサマーアソシエイトプログラムを短縮したり、キャンセルしたり、可能な限り “リモート “であるように再設計したりしています。
  • 少なくともこれまでのところ、ほとんどの措置は、事務所のスタッフと従業員を可能な限り保護するよう実施されています。例えば、弁護士を含む少数の従業員を解雇した事務所もありますが、その解雇はほとんどが社会保険やその他の福利厚生を維持するための一時的なものでした。同様に、課された報酬削減は一般的に「一時的なもの」とされ、危機が過ぎれば元通りになることを期待されています。401(k)プランやその他の給付金への拠出の削減についても同様です。

これらの行動が示すことは、現在の危機の財政的負担は主に株式パートナーによって負担されるべきであると決定したことです。 この結論は、現在の状況を考えると大変合理的であると思います。2019年の間に、Am Law 100と200のほとんどの企業は強力な財務実績を上げ、平均収益は全体で約5.5%増加し、場合によっては大幅に利益も増加しました。 その結果、ほとんどの企業は経済的余裕を持ったまま2020年に入り、経済的打撃を吸収できる能力を備えていました。

今回の経済危機は、経済自体の構造的問題によって危機が引き起こされた2008年の経済危機とは大きく異なります。今後数ヶ月以内に企業活動がある程度正常な状態に戻ることを前提とすれば、2007 年後半や 2008 年の崩壊後に比べれば、景気回復ははるかに早いと考えるのが妥当でしょう。また、これまでのように、法律業界は、このような景気回復の「先導的な」セクターの一つとなる可能性が高いように思われます。

もちろん、現在のパンデミックがどうなるかを確実に予測できる人はいませんし、第2波が秋に広がる可能性は常にあります。しかし、今のところ、ほとんどの企業は、必要に応じて取ることができる更なる対策を準備し、比較的早急な解決を前提とした(少なくとも、そのように期待している)アプローチを取っているように見えます。

James W. Jones, Senior Fellow, Center on Ethics and the Legal Profession, Georgetown University Law Center

この背景を前提として法律事務所のリーダーが心に留めておくべきことは何でしょうか。 私は次の4つを提案します。

1. 個人の関係を育む

不確実性と孤立感が続くこの時代には、個人的な関係が重要であることを忘れてはなりません。このような状況下では、リーダーが多くのことを的確に伝えることは困難です。パートナーからすべての弁護士、専門家、およびスタッフなど法律事務所の誰もが、リーダーが状況を理解し、合理的な方法でそれを管理するために意思決定を行っていることを知ってもらう必要があります。意思決定プロセスと決定事項は会社全体の連絡ツールや電子メールを介してではなく、直接的な個人的な会話の中で何度も何度も伝えられる必要があります。シニアマネジメント、チームリーダー、管理部門の責任者などを含むすべての法律事務所のリーダーは、このプロセスに直接関与する必要があります。

同様に主要なクライアントと密接に連絡を取り合うことも重要です。経営陣は、コロナ禍において適切なパートナーやその他のスタッフがクライアントと定期的に連絡を取り合うようにしましょう。

2. パンデミック反応を調べる

法律事務所のリーダーが、コロナウイルスの経験から何を学んだのかを問い始めるのに早すぎるということはありません。標準的なリスク管理手順に沿って、今からでもワーキンググループを招集し、法律事務所が危機にどのように対応したかを検討しましょう。何が私たちを驚かせたのか?何に驚いたのか、何が準備されていなかったのか?何がうまくいったのか、何がうまくいかなかったのか。今後の事態に備えるためにはどうすればよいか、何を学んだか。より良い準備をするために、私たちの組織やプロセスにどのような変更を加える必要があるのか?などの質問が有用なものと考えられます。

「これは純粋に学術的な演習ではありません。前述のように、現在のパンデミックが秋または冬に再び起こる可能性はまだあります。したがってこれは今まさに必要な議論なのです」

James W. Jones, Senior Fellow, Center on Ethics and the Legal Profession, Georgetown University Law Center

3. 危機管理計画の策定

今後のコロナ禍の経路を確実に予測することができないことを考慮すると、法律事務所のリーダーはあらゆる変化に応じて比較的迅速に実行できるように、慎重に考え抜かれた危機管理計画を持つことが重要です。

ロックダウンが予想以上に長引いた場合や、予想以上に収入が激減した場合、感染症の波が組織に直接影響を与えた場合など、法律事務所は何をすべきかを計画しておく必要があります。理想的にはこのような計画は状況の深刻度に応じて実施プランも共に提供できるようにしましょう。

4. 働き方の変化を考える

ポストコロナウイルスの世界で私たちの働き方が変わるかもしれないことを考慮することが重要です。決定的な答えを出すにはまだ早いかもしれませんが、働き方の変化に関していくつかテーマが浮上しています。

  • 今回のコロナ禍により、私たちが想像していたよりもはるかにバーチャルな方法で法的サービスを提供することが可能であることを実証しました。 法律事務所は、より良いワークライフバランスを達成し、弁護士や他の従業員の家族のニーズに対応するためにテレワークを推奨するためにぎりょんしてきました。
  • 同様に、パンデミックは、テクノロジーツールの驚くべき機能を実証し、将来的に出張を減らし、オンライン会議を最大限に活用するよう私たちに要求しています。特に興味深いのは、全国の様々な裁判所がオンラインセッションを利用したことでした。
  • 明らかに、コロナ禍は法的サービスの提供における技術の改善の重要性の高まりを示しています。将来的に法的サービス提供の効率性と費用対効果の両方を改善する上で技術が果たす役割は大きいです。企業は新しい日常に照らして、独自の技術ニーズと能力を再考する必要があります。
  • そして、当然のことながら、現在のパンデミックでの経験は、クライアントがコロナウイルス後の世界における法的サービスのさらなる効率性とさらなるコストの削減を主張することを後押しする可能性が高くなるでしょう。

これらのテーマが今後の法律事務所の戦略にどのような影響を与えか検討し始めるのに早すぎることはありません。

法律事務所はこれまでのところ、コロナ禍の対応において、慎重かつ合理的な方法で信頼できる仕事をしてきました。しかし、特にパンデミックの進行に伴い、課題はまだ残っています。実際、この不確実な時期に法律事務所を成功に導くための法律事務所のリーダーの仕事は、本当に始まったばかりなのです。。

この記事は、トムソン・ロイターの出版物であるジョージタウン大学法務執行研究所法務センター、倫理と法務専門センターシニアフェローのジェームズ・W・ジョーンズによって執筆されました。

The Thomson Reuters Institute brings together people from across the legal, corporate, tax & accounting, and government communities to ignite conversation and debate, make sense of the latest events and trends, and provide essential guidance on the opportunities and challenges facing their world today.

Leave a Reply

リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート