マネーローンダリング及びテロ資金供与対策をめぐる国際動向及び我が国の対応

金融庁、政策総合局の尾崎寛氏をお迎えして、最新のマネーロンダリング、およびテロ資金供与対策を関するFATTなどの国際動向と日本の対応についてご解説いただきます。

プログラム

1:マネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下、ML/TF)対策における入口となる本人確認、リスクの特定・評価、及び、その後のリスクに応じた継続的な顧客管理措置の重要性について

2:金融庁にて2021年2月19日に「マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドライン」の二度目の改正の内容の説明


①これまでに実施したモニタリングで把握した課題等をもとに、顧客リスク評価の明確化や、高リスク取引に対する追加的措置、簡素な顧客管理措置の考え方等について整理


②マネロン・ガイドラインに関するFAQ

3:国際協調の枠組みの中で、各国監督当局の管理・監督の目線は更に高まりを見せている中、2021年8月、国際的なML/TF管理の枠組みであるFATFによる第4次対日相互審査結果が公表の内容について

4:今後、この審査結果も踏まえながら、金融庁マネロン・ガイドラインに沿って、金融機関等のML/TF対策に関する監督・検査等の強化について

講演者

尾崎 寛 氏 

金融庁 総合政策局 リスク分析総括課マネーローンダリング・テロ資金供与対策企画室

1988年東京大学経済学部卒、三井銀行入行。91年大蔵省出向(国際金融局調査課)、93年外務省出向(在ワシントンDC日本大使館財務班)などを経て、2014年4月三井住友銀行欧亜中東本部中東総支配人兼ドバイ支店長、17年4月三井住友銀行総務部 部付部長兼AML金融犯罪対応室長。同行を退職し、18年2月から現職。

ニューヨーク大学Stern School of Business(MBA)、日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)、日本安全保障貿易学会(CISTEC)会員、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科非常勤講師、Certified Anti-Money Laundering Specialist(CAMS)

Thomson Reuters, a worldwide trusted provider of answers, helps professionals make confident decisions, run better businesses and gain competitive advantage in complex arenas – law, tax, compliance, government and media.

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート