レポート:インフォームド・コンプライアンス のためのツールと事例

インフォームド・コンプライアンスを再確認する

「インフォームド・コンプライアンス(情報を得た上での遵守)」という言葉は、1993年に「税関近代化及びインフォームド・コンプライアンス法(the Customs Modernization and Informed Compliance Act:以下「税関近代化法」)が制定された際に米国で公式に導入されました。税関と貿易業者は敵対することも多く、いささかの緊張関係を背景にこの概念は生まれました。

インフォームド・コンプライアンスという言葉は基本的に、輸出コンプライアンスとは別のものとされています。しかし、コンプライアンスの最適化にあたり政府と事業者が共同責任を負うという概念は、輸出においても適用されます。輸出に関する遵守事項に違反すると重く厳しい処罰を受ける恐れがあるため、コンプライアンスの最適化を徹底することは輸出者の責任なのです。

 現代のインフォームド・コンプライアンスの世界で成功を収め、できる限り処罰を受けないようにしつつ最善のパフォーマンスを果たすために、(輸入、輸出、またはその両方を問わず)国際貿易に積極的に取り組むすべての企業の役に立つおすすめのツールやベストプラクティスを紹介していきます。

ダウンロード

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート