ウェビナー: 新型コロナウイルス流行による グローバルサプライチェーンへの影響

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中に広がり、ビジネスに大きな影響が出始めています。トムソン・ロイターはこの複雑で刻々と変化する環境を、お客様と一緒に乗り切るためのサポートを行っていきたいと思います。
今回のウェビナーでは専門家が最新のビジネスデベロプメント状況と、多国籍企業が変化する状況にどのように適応しているかについて議論いたしました。

オンディマンド配信

4月14日に行われましたウェビナーを基にトムソン・ロイターと専門家パネルが、質疑応答集を作成しました。

  • 新型コロナウイルスがパンデミックと宣言された時、グローバル企業は「ニューノーマル」にどのように適応したか?
  • グローバル企業が直面しているサプライチェーンの課題は何か?
  • 貿易および税務のコンプライアンスプロセスは一部緩和されるのか?
  • ほかにどのような問題が事業活動を制限しているのでしょうか?
  • 現在の環境の中で、企業はどのようにサプライチェーンリスクを軽減すべきか?
  • サプライチェーンの「ネクストノーマル」とは、どのようなものか。テクノロジーが重要な役割を果たすのか。

質問応答集ダウンロード

インフォグラフィック

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート