ウェビナー:新型コロナウイルス感染拡大に起因する金融犯罪: 詐欺、悪徳商法、誤報に取り組む

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各国政府は現在進行中のパンデミックを管理する作業に追われています。このような状況下において、金融犯罪者はこの危機を利用する機会を探しています。

詐欺師や組織犯罪グループは、フィッシングメールやID詐欺、その他のサイバー犯罪で操作ツールを悪用しています。金融犯罪のリスクが高まってきているといえるでしょう。

4月、金融活動作業部会(FATF)は声明を発表し、政府が金融機関や企業と協力して新型コロナウイルスの流行によって生じた課題に取り組み、「新たに出現する金融リスク」に警戒するよう呼びかけています。


実際にビジネスにとってどのような意味があるのかを理解するため、トムソン・ロイターの専門家が現在の状況、規制のアップデート、潜在的な詐欺の手法について議論し、テクノロジーがどのように役立つのかについて説明します。是非ウェビナーにご参加ください。

オンディマンド配信

ウェビナートピック

  • 誤報、詐欺行為、フィッシングの増加
  • 新型コロナウイルスの影響: 緊急事態下において犯罪者はどのように行動するのか
  • 金融犯罪の特定と是正:マネーロンダリングや制裁違反など
  • テクノロジーの役割:顕在化した課題に取り組むためのテクノロジーの移行、投資、採用

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート