ウェビナー:企業不祥事予防の視点とあり方

企業理念・コンプライアンスの先駆者中村葉志生氏が語る企業不祥事予防とは

ISO 37001(贈収賄防止マネジメントシステム)やISO 19600(コンプライアンスマネジメントシステム)など国際規格化が進む中でも企業不祥事はやみません。


本セミナーでは、企業理念・コンプライアンスに係る先駆者である中村葉志生先生をお迎えし、企業不祥事の要因を人の資質と組織の体質に整理し、不祥事予防を人や組織が犯す罪の発端と行為の視点で考察いただきます。そして、不祥事予防のためには従業員の心理的安全性を高めることが必要であることを他社の取り組みを紹介しながら確認します。また、不正リスクの3要素(機会、動機・プレッシャー、正当化)からも、同様に不祥事予防の視点とあり方を考えていきます。


主要なポイントを一挙に整理できるまたとない機会ですので、皆様是非とも奮ってご参加ください。

オンディマンドに申し込む

ウェビナー概要

2020年8月25日火曜日 14時~16時配信

  • はじめに ISO規格化の動き
  • 第1部 「人や組織が犯す罪を考える」 故意・過失の罪、作為・不作為の罪
  • 第2部 「不正リスクの3要素を考える」 不正リスクの3要素への対応のあり方
  • まとめ 教育研修推進の3つの視点(意識・知識・行動)

ウェビナー講師

株式会社ハリーアンドカンパニー 代表取締役 中村 葉志生

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート