2021 年版企業法務部門の現状レポート

多くの企業法務部門にとって2020年はあらゆることが覆された年として記憶に残るでしょう。これまでに法務部門の長は、不況や売上未達、事業再編に際し部門を導き、ともに乗り切った経験はあっても、世界的なパンデミック(感染症の大流行)を経験したことはありませんでした。しかし、2020 年に起こった出来事はマイナスなことだけでなく、プラス要素も含まれているはずです。優れたリーダーは、これを2021年以降の変革を加速するきっかけとすることでしょう。トムソン・ロイターでは法務関連支出、調達パターン、法律事務所との取引経験、一般的な市場動向に加え、世界的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが企業法務部門に与えた影響について詳細に調査しました。

リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート