法律&テクノロジーレポート2022 法務部門版

調査では合計 997 件の回答により、企業法律部門が注視すべき課題が浮き彫りとなりました。

変化を続ける様々なリスク要因を把握し、複雑なコンプライスに対応することに、法務部門関係者の大きな関心が寄せられていることが見えてきました。

また、最優先事項として以前から挙げられていた業務改善の課題が引き続き挙がっています。これは、テクノロジー導入による効率化によって生まれた余力を、ビジネスの戦略的な助言に充てることで、法務部の存在価値を高める狙いがあります。

法律&テクノロジーレポート 法務部門版のダウンロードはこちら


HighQ

クラウドで法律業務をワンストップに

HighQは、法律業務の社内外コラボレーションから契約書管理までをワンストップで実現するクラウドサービスです。

法務案件管理から契約管理、委託先法律事務所管理、プロジェクトコラボレーションを一つの法律業務ハブを使用し、社内業務の簡素化と合理化、社外との連携強化を促進します。

HighQの詳しいご案内はこちら


リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート