レポート:2020年法律 x テクノロジーレポート

リーガルイノベーションとデジタル変革は、もはや「あるほうがよいもの」に留まりません

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による未曾有の事態で多くの企業や組織がリモートで業務を行うなか、リーガルテクノロジー、およびビジネステクノロジーの導入が加速しています。

コロナ禍は多くのことをもたらしましたが、なかでも明らかになったのは、リーガルイノベーションとデジタル変革は、もはや「あるほうがよいもの」に留まらないということです。この事態は、個人や法人の業務そのものや協力体制のありかた、そして革新の進め方を拡大、改善する新しい働き方を導入することを私たちに強いているのではないでしょうか。

トムソン・ロイターとモメンタム・インテリジェンスは、「2020 法律 X テクノロジー Report」を発表しました。このレポートでは、社内イノベーションのリーダーから法律事務所の幹部の方まで、様々な立場の方に役立つ「法律とテクノロジー」に関する洞察をお届けします。 世界的な健康危機の真っ只中でリモートでの結びつきが喫緊の課題となっている現在、この「2020 法律 X テクノロジー Report」がその切実さをお伝えできれば幸いです。

ダウンロード

リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート