ウェビナー:法律 x テクノロジーレポート2020解説

「2020年法律 x テクノロジーレポート」を徹底解説

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による未曾有の事態で多くの企業や組織がリモートで業務を行う中、リーガルテクノロジー、およびビジネステクノロジーの導入が加速しています。

コロナ禍は多くのことをもたらしましたが、なかでも明らかになったのは、リーガルイノベーションとデジタル変革は、もはや「あるほうがよいもの」に留まらないということです。この事態は、個人や法人の業務そのものや協力体制のありかた、そして革新の進め方を拡大、改善する新しい働き方を導入することを私たちに強いているのではないでしょうか。

トムソン・ロイターとモメンタム・インテリジェンスは、この度「2020 法律 x テクノロジーレポート」を発表しました。このレポートでは、世界的な健康危機が発生する前の法律業界の状況を調査しています。この調査の目的は、法律専門家の見解を検証し、お届けすることにあります。そのために重要役職にある意思決定者から若手の企業弁護士まで、様々な法律専門家からデータを収集しました。

本ウェビナーでは、「2020 法律 x テクノロジーレポート」の要点やエッセンスをまとめて、社内のリーガルテクノロジー担当の方から法律事務所の幹部の方まで、様々な方に役立つ、トレンドや洞察をご紹介いたします。

オンディマンド配信

リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート