2022年版企業法務部門の現状レポート

ポストコロナにおける法務部のパフォーマンス

多くの企業や業界は、未だポストコロナの影響からの回復期にあります。このような状況下において、企業の法務部門が優先的に取り組むべき課題は、どのように変化しているのでしょうか。

トムソン・ロイターが法務部門を対象に行った調査では、新型コロナウィルスの大流行時に始まった急速な変化の時期が2022年も続くことが示されています。 

活躍している法務部門は、過去2年間の勢いを利用して、組織内および外部アドバイザーとの関係の両方で、変革的な変化を積極的に取り入れることに成功しています。

2022年版「企業法務部門の現状」をぜひご覧になり、最新の法務トレンドをご確認ください。

レポートの無料ダウンロードはこちら


HighQ

法律業務の社内外コラボレーションから契約書管理までをワンストップで実現するクラウドサービス

法律業務をワンストップで実現する法務ソリューション、HighQは、法務案件管理から契約管理、委託先法律事務所管理、プロジェクトコラボレーションを一つの法律業務ハブを使用し、社内業務の簡素化と合理化、社外との連携強化を促進します。

HighQの詳しいご案内はこちら


リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート