ウェビナー:法律家のためのリモートワーク手法

新型コロナウイルス感染症の流行により、多くの企業、団体、法律事務所は在宅勤務へと移行を余儀なくされました。リモートワークへの移行は問題なくスムーズに行われたでしょうか?

法律家のためのリモートワーク手法と題しましてこの度、トムソン・ロイターでは無料ウェビナーを開催する運びとなりました。優れたリモートワーク手法を専門家の解説で聞けるまたとない機会です。

オンディマンド配信

ウェビナー概要

オーストラリアとニュージーランドに拠点を置く企業のリーダーをパネルとして招待し、テクノロジーからクライアントとのコラボレーション事例まで、さまざまなリモートワークに関するトピックを議論します。


「法律家のためのリモートワーク手法」はすべての法律家が検討するべき実用的なユースケースと長期的なソリューションを提供します。

トピックス

  • リーガルテクノロジーのベストプラクティス: 私たちが在宅勤務を求められた時、法律家は効率的にビジネスを継続させるのか求められました。ウェビナーではクライアント企業がシームレスな在宅勤務のために導入した方法を共有します。
  • クライアントコラボレーション: 在宅勤務の環境によっては、クライアントや関係者と協力して作業する能力がこれまで以上に求められることもあるでしょう。しかし本当にその能力は必要なのでしょうか。
  • プライバシーとデータ保護に関する考慮事項: データコンプライアンスおよび従業員とクライアントの機密情報の保護の重要性について議論します。 
  • ビジネスの勢いとモラルを維持する: ウェビナーでは新型コロナウイルスの感染拡大の中で、生産性を維持し、クライアントをサポートする方法について意見交換を行います。
  • オフィスに戻る: 企業や法務部門によっては法務業務に携わる従業員の長期的なリモートワークを検討しています。

リーガルインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート