顧客事例:日本の多国籍企業 FTA管理の実現で数百万ドル 節税

トムソン・ロイターのONESOURCETM FTA Managementで成功に向けて 快走

日本とヨーロッパは互いに重要な貿易パートナーですが、両者の間にオープンな貿易圏が形成されたのは2019年の初めになってからのことでした。それまでは、両地域の各企業が数十億ドルにものぼる関税を支払っていました。
その例にもれず、日本のある多国籍メーカーも、EUが最も高い収益を生み出す市場の一つであったため、数百万ドルもの膨大なコストを関税に費やしていました。

数百万ドルの関税削減方法はぜひケーススタディをご覧ください

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート