レポート:自動車サプライチェーンの展望 アジア太平洋地域におけるサプライチェーン専門家の 知見と見通し

2025年、そしてその先に向けて

自動車業界は、進化する自動技術、デジタル化、グローバル化、気候変動、サイバーセキュリティ、労働市場/雇用など、多数の世界的なメガトレンドが交わる地域でビジネスを展開しています。現代の生活における自動車の役割や、自動車を所有することに対する考え方も変化してきています。ますます複雑化し、変化し続けるビジネス環境のなかで、競争力を維持したい自動車メーカーとそのサプライヤーおよび下位サプライヤーにとって、業界を形成する今後数年間の市場力学を理解することは大変重要です。


AIAGとトムソン・ロイターは、このようなトレンドが今後5〜7年間にわたって自動車サプライチェーンに与える影響を評価するために、世界中の自動車サプライチェーンの専門家の知識や知見を共有すべく、一連の調査を実施しています。本e-bookの調査結果は、アジア太平洋地域(APAC)のサプライチェーンで活躍する各専門家を対象としたものです。調査の回答者は120人で、2018年12月に実施されました。

ダウンロードはこちら

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート