第12回コスト・オブ・コンプライアンス調査にご協力ください

トムソン・ロイターのレギュラトリーインテリジェンスは、毎年金融業界の規制対象企業のコンプライアンスコストに関する調査を行っています。調査により作成されるコスト・オブ・コンプライアンスレポートは毎年世界中から7,000近くの回答を得て、企業、規制当局、コンサルタント会社、法律事務所のコンプライアンス担当者によって55,000近くダウンロードされています。

今年で調査は12年目になります。調査(リンクhttps://survey.clicktools.com/app/survey/go.jsp?iv=1t7w681ck9qeg)はコンプライアンス業界における重要な声となり、参加者の率直な懸念と見解が反映されます。 リスクとコンプライアンスの実務家が直面する現実と課題について一貫した洞察を提供するレポートとなります。質問はコロナの影響、コンプライアンス文化と行動リスク、個人の説明責任への関心の高まりを反映して今年も更新されました。昨年リリースされた第 11 回コストオブコンプライアンスレポートは下記よりダウンロード可能です。

調査結果から傾向と地域比較を明らかにすることで、同業他社との比較を行い、業界内でのコンプライアンスの役割の方向性についての知ることができます。規制対象となる金融機関が計画、資金調達、方向性を決定する際に役立つことを目的とし、また自社のリソース、戦略、予測が業界全体と一致しているかどうかを判断できるようになります。グローバルシステム上重要な金融機関(G-SIFIs)の事例を個別に分析し、世界の金融関連企業がとっているアプローチに触れる機会がえられます。すべての情報は極秘に扱われ、結果は匿名で表示されます。結果は、2021 年第 2 四半期にリリース予定のコスト・オブ・コンプライアンスレポートの一部となります。

是非第12回コスト・オブ・コンプライアンスアンケート調査にご参加ください。

Leave a Reply

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート