自動車サプライチェーンレポート:予測できない市場に直面

将来の自動車産業はどのようなものになり、進化し続けるサプライチェーンを予測不可能な変化の中でどのように管理するのでしょうか?

これらの質問やその他の関連する質問に答えるために、トムソン・ロイターと自動車産業行動グループ(AIAG)は最近提携し、今後5~7年間の自動車サプライチェーンの将来に関する2つのレポートを作成しました。

そして今、世界的な自動車サプライチェーンが直面している問題のより包括的な分析を提供するために、トムソン・ロイターとAIAGは、最初の2つのレポートの結果を比較し、3番目のレポートを作成しました。

この3番目のレポート(パート3/3:不確実な時代の急速な変化への取り組み)は、自動車の開発、生産、販売に影響を与えるグローバルなメガトレンドに関する詳細な分析を行っています。トレンドには国際貿易の緊張、規制の変更、環境への配慮、電気自動車と自動運転、サイバーセキュリティ、労働問題、資材調達などを取り上げています。これらのトレンドが進み、将来の自動車市場が形成されるにつれて、今後5〜7年間で何が期待できるかを明確にしています。

予測不能の苦境

最初の2つのレポートは、世界のまったく異なる地域で働いている専門家からの洞察に基づいていますが、結果を比較すると、いくつかの主要な要点が得られます。最も重要なのは、自動車メーカーがどこに生産されているかに関係なく、世界中のメーカーが同じ基本的な課題の多くに取り組んでいることです。

効果的なサプライチェーン管理には、安定性と予測可能性だけでなく、潜在的な混乱を予測し、リスクを最小限に抑えるための計画が必要です。 しかし自動車のサプライチェーン管理担当にとっては残念なことに、さまざまな要因が組み合わさることにより、環境はますます不安定で予測不可能になりつつあります。

例えば、世界の自動車車両が製造されている部分に関係なく、自動車部品のタイムリーな納入に直接影響を与える貿易や規制上の問題を回避することは事実上不可能です。米国と中国の間の貿易摩擦、再交渉された米国-メキシコ-カナダ貿易協定、Brexit、アジアの地域包括的経済連携—これらの貿易紛争はすべて、自動車部品の製造と流通、および車両の組み立て場所と組み立て方法に関するさまざまな規定と制限を伴います。

世界中のメーカーも、電気自動車(EV)の生産能力を増強し、自動運転車(AV)のテクノロジーに投資すると同時に、内燃機関の段階的廃止に伴うロジスティクスと市場の課題に取り組んでいます。 しかし、EVおよびAVの大衆市場での採用は何年も先のことであることを考えると、収益性を維持することは、今後ほとんどの自動車メーカーにとって微妙なバランスを取ることになるでしょう。

かつてないほど洗練されたエンターテインメント、ナビゲーション、および安全機能の需要も自動車のサプライチェーンに新しいプレーヤーを導入しています。その結果、サイバーセキュリティはかつてないほど懸念されています。 さらに、EVバッテリーの材料とコンポーネントの一貫した供給を確保するために、自動車メーカーは現在、コバルト、ニッケル、マンガンなどの原材料を求める家庭用電化製品(ラップトップ、スマートフォン、タブレットなど)のメーカーと競合しています。

態度の変化

この傾向の根本的な要因は、ライドシェアリングサービスが普及し、他の交通手段が実現し、環境への懸念が意思決定に影響を与えるにつれて、自動車を所有する世代間の態度を変えることです。 労働力の変化も業界に影響を与えています。若い労働者が製造業を避け、高齢者が退職し、より技術的に熟練した人材の需要が増加し続けています。

これらの問題により、自動車産業全体が産業時代の遺産から新しい、より技術的に指向された未来への激動の転換の真っ只中にあるという事実が明らかになりました。世界中のサプライチェーンの専門家は、今後の課題に対する懸念のレベルが異なりますが、21世紀において競争力のある、価値主導型のサプライチェーンの開発と維持に専念しています。

自動車サプライチェーンに影響を与える要因の多様性と複雑さを考えると、世界のさまざまな地域でいくつものシナリオが発生する可能性があります。 唯一の確実性は、あらゆる種類のより良い、より安全で、よりエネルギー効率の高い車両に対する消費者の需要を満たしながら、混乱を予測し、それらを計画し、関連するリスク要因をうまく軽減できる人々に競争優位性が向かうことである。


ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート