FTA

日英貿易の不確実性に備える – 潜在的なFTAを最適化するために

英国と日本は新たな貿易協定を発表しました。日本企業は戦略的優位性を得るため、迅速に最新の協定に移行し、取引管理プロセスを自動化する必要があります。

御社が日英貿易のプレーヤーである場合、両国間の新たな包括的経済連携協定(CEPA)の準備を始める必要があります。

2020年9月1日、両国は自由貿易協定に関する原則的合意を発表しました。 取引の正確な枠組みは10月中に利用可能になる予定です。 しかし英国に輸出する企業とその逆もFTAが提供する競争上の優位性を失わないように、自らの行動をまとめておく必要があります。

この貿易協定はブレグジットによって必要になりました。英国は2020年1月31日に欧州連合(EU)を離脱し、現在はEU関税同盟の一部であり、単一市場の一部であり続ける移行期間にあります。 この移行期間は2020年12月31日に終了します。 英国がEU(移行期間を含む)の一部である限り、日本と英国の間の貿易は、欧州連合(EU)と日本の間の経済パートナーシップ協定(EPA)によって管理されていました。

英国はEUにこの移行期間の延長を要求する選択肢もありましたが、そうしないことを選びました。また日本を含む全貿易相手国と自由貿易協定(FTA)を締結するのに半年も要しませんでした。6月に両政府間の交渉が始まった時はほとんどのアナリストは、ブレグジット移行期間の締め切り日が終わりに近づいて年末までに合意に達することに懐疑的でした。 FTAがなければ、両国間の貿易は世界貿易機関(WTO)が定めた規則に戻り、双方に追加の関税が課されることになります。交渉の迅速な解決はすべての専門家にとって嬉しい誤算だったといえるでしょう。

貿易協定は両国にとって重要です。 2018年、両国間の貿易総額(商品とサービス)は296億ポンドでした。 2020年5月、英国国際貿易省が発表した政策論文では日英FTAが長期的には両国間の貿易を152億ポンド増加させる可能性があると述べています。英国は繊維、農業、サービスなどの分野にFTAの恩恵を受ける一方、自動車、移民、投資などの分野における既存の利益の継続性と保護の確保に焦点を当てています。

日英CEPAが「原産地規則」(RoO)のような難点をどのように扱うのか詳細はまだ明らかではありませんが、英国政府は「英国企業は日本への輸出の99%に対する関税なしの貿易の恩恵を受けるだろう」と述べており、この合意には「EUと日本の協定をはるかに超えた最先端のデジタルおよびデータ規定」が含まれているとしています。

コスト削減のための自動化

英国とEUと取引する日本の企業は、2つのルールに対処する必要があります。 専門家によると日英CEPAがEU-日本EPAを厳密に反映しているとしても、すべての貿易協定は各当事者の多様な経済および貿易の現実に基づいて異なるというのが事実です。 2つの契約の複数のルールを処理することは、それらがどのように類似していても、貿易管理者にとってさらに複雑なレベルを追加する可能性があります。

FTAの複雑さ故にそれを効果的に利用できない結果となるの明らかです。またトムソン・ロイターの調査によると回答企業の3分の2以上が、FTAが複雑すぎて遵守できないと回答しています。FTAを十分に活用できていないことで、企業は何百万ドルもの関税を支払っていました。

企業が手動プロセスを排除し、ERPプラットフォームと統合する包括的なFTAソリューションを使用して貿易管理を自動化すれば、このコストを簡単に節約できます。トムソン・ロイター・ONESOURCE™ FTA Managementは、企業がFTA固有の原産地規則の下で商品を特定し、サプライチェーンコストを削減するのに役立つコンテンツを活用したエキスパートシステムです。 さらに、貿易コンプライアンスのワークフローを合理化し、手作業を排除し、最新の規制変更を確実に遵守することにより、FTAガイドラインに準拠し、リスクを軽減します。

非常に複雑な部品表構造を統合してから、クラウド対応システムで同時に複数の契約の原産地規則に照らして分析することができます。 また、エラーのない申告書を自動的に自己認証することができるため、潜在的なペナルティを軽減しながら、将来の優遇請求のための監査証跡を構築することができます。

RoOsのような日英CEPAの様々な要素は今のところ不明です。 しかしFTA管理ソリューションを使用して最新の協定に対応するために積極的な措置を講じる企業が戦略的優位性を持つということは明確です。

ビジネスインサイトを購読

業界最新トレンド情報をアップデート